フーリエ倶楽部 ~リサイクル日和~
三重県名張市にあるリサイクルショップ「フーリエ倶楽部」です!おもちゃ・ゲーム・古着・CD・DVD・コミック・釣具・楽器などなどの買取、販売をしています!新入荷、強化買取、スタッフのイチオシなど更新中!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KING OF LEATHER
こんばんわ。

山です。

本日は温めていたスペシャルレザーを2着ご紹介致します。
季節柄、何かと革物の話題が目立つ当ブログですが、気にせず見て頂ければと思います。

今回は、当店が得意とするVINTAGE物からのご紹介です。

『Langlitz Leathers』

3_2013092518534762c.gif

バイカーやアメカジ好きな方なら説明不要かと思われるラングリッツレザー。
創業1947年、アメリカはオレゴン州ポートランドにて誕生致しました。
創業当初は『The Leather Garment Shop』という小さなショップをオープンし、1947年~1949年までの3年間は『Speedway Togs』というブランド名で、’50年以降は『Langlitz Leathers』と社名・ブランド名を統一し現在に至っています。
規模を拡大する事はなく、60年代当時に作られた本社兼工場のみで制作しています。
その小さなカスタム・メイド・ショップゆえの“融通の効いた細かい仕事ぶり”が徐々に『ラングリッツ』の名を世に知らしめるようになっていきます。
現在も職人がハンドメイドで制作しており1日6着という少量生産の中で安定した経営とクオリティーが維持できている事は、昨今のアパレル業界において“奇跡的状況”といえるでしょう。
そして90年代以降には誰しもがKING OF LEATHERの評価を認める事となりました。

そんな中本日ご紹介するのは口コミが世界に広がり国際的オーダーが急増した80年代中頃の物になります。


1つ目はこちら、
IMGP3247_2013092518534685b.jpg
●1980年代製 CUSTOM RIDERS JACKET Mod.『COLUMBIA』
ラングリッツと言えばこのモデルと言っても過言ではない、1947年創業当初から制作されている当ブランドの中で最もトラディショナルなモデル。
バイカーのことを考えたディテールの数々がそのままこのモデルの特徴です。

IMGP3251_20130925185345377.jpg
フロントより長く作られたバック・ボトムスは、パンツの上からのホールド力を高めて腰を守り、 背中のアクション・プリーツはグリップを握った姿勢を考えて出来たものです。

IMGP3249_20130925185344b73.jpg
80年代のカスタムで作られたこちらは、ゴートスキンボディ、ベルトレスでサイドレース仕様、さらに襟のボタンを付けないオーダーをされた物。

IMGP3257_20130925185342106.jpg
パッと見は無骨なダブルライダースですが、カスタムによりタウンユースしやすいデザインになっております。

IMGP3253_20130925185724e77.jpg
デザイン・機能性共に完璧、まさにKING OF LEATHERに相応しい一着ではないでしょうか。
加えてこちらのコロンビア、状態を見る限りデッドストックと思われます。
これからの一生のお供に、是非。


2つ目はこちら、
IMGP3263.jpg
●1986年製 CUSTOM LEATHER RIDERS JACKET Mod.『CASCADE』
コロンビアと二大巨塔とされる1948年に発表されたキャスケード。
こちらもバイカーを考慮した作りになっていますが、 コロンビアに比べるとシンプルでレーシング・スタイルを意識した形状になっています。

IMGP3268.jpg
バックにはプリーツステッチが入るのが基本ですが、こちらはステッチレスデザインになっております。
脇下のアクション・プリーツも標準装備ですが、コロンビアのアクション・プリーツとは形状が少し異なります。

IMGP3266.jpg
シンプルなコサック・カラー (スタンド・カラー)がスタンダードですが、発表当時からコロンビアの様なラぺル付きドレス・カラーにするカスタムが現在も行なわれています。


IMGP3265.jpg
ご覧の通り、フロントにはオイル会社CHAMPIONとハーレーのオールドワッペンカスタム仕様。2つともかなり古い物かと思われます。

IMGP3273.jpg
さらにこちらのキャスケード、内ポケット上にキーホルダーと思われるカスタム仕様。
鍵かもしくは50年代来からバイカーに広まったラビットフットを付けていたのではと思われます。
当時のオーナーのセンスが光る一着です。

IMGP3277.jpg
コロンビア同様、こちらのキャスケード着用上の使用感は有るもののかなりの美品になります。
これだけ手を加えているのに、特化したダメージ等が無いという事は当時のオーナーにかなり大事にされていたのではないかと思われます。


いかがだったでしょうか?
物、状態共に2着とも本当にスペシャルではないでしょうか?

これからが本番のレザージャケットです。
他にも良い物取り揃えております。

大事に着ていけば人の一生より長く着れると言われるレザージャケット。
本当の意味でも長く付き合っていけるアイテムです。
一着グッと来る本物を持っていてはと思います。
ご紹介致しました2着はまさにそんなアイテムだと自信を持ってご提供致します。

画像では伝わらない物が有ると思いますので是非、一度足を運んで頂きお客さん自身で確かめて頂きたく思います。
ご来店お待ちしております。

<山>



スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。