フーリエ倶楽部 ~リサイクル日和~
三重県名張市にあるリサイクルショップ「フーリエ倶楽部」です!おもちゃ・ゲーム・古着・CD・DVD・コミック・釣具・楽器などなどの買取、販売をしています!新入荷、強化買取、スタッフのイチオシなど更新中!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬の青
メリークリスマス。
山です。

聖なる夜、皆さん楽しんでますか?
そんな日も変わらず元気に働いております。
急なんですが、『高橋大輔』さんソチ五輪選ばれましたね。
本当によかった。
再放送ですが選考の結果をテレビで見てまして、グッと来るものがありました。
来年、頑張ってほしいですね。

さて本日は、季節柄から避けられがちな寒色系の中から、まさに今の季節に使えるブルーのオススメアイテムをご紹介致します。

『RECOMMEND BLUE ITEMS』

まずはこちら☟☟
IMGP3849.jpg

●PENDLETON 70'S SHADW CHECK C.P.O JACKET

世界的ウールプロダクトブランドである『PENDLETON』からは70年代のナイスなチェックのC.P.Oジャケットをご紹介。
ちなみに今年は記念すべき150周年の年でもあり、様々な限定アイテムが発表されました。


IMGP3850.jpg

ボディは勿論100%ヴァージンウール。
そのため保温性に加え防水性が通常のウールアイテムよりも優れています。
デザインもブルーにグリーンとブラックのオンブレチェックと派手すぎず、合わせやすいデザインに。

IMGP3853.jpg

フロントボタンはオールドのワークアイテムでは鉄板の猫目ボタンの名残である、溝のある平ボタン。
カラーも黒で統一されておりスタイリッシュな印象を受けますね。


IMGP3852.jpg

"PENDLETONはタグのデザインからおおよその年代を読み取ることが出来ます。
こちらは"MADE IN U.S.A"表記が入っていることから70年代の物と判断出来ます。
よりファッション性にとんだ商品が多い年代の一品。




2点目はこちら☟☟
IMGP3842.jpg

●LEE 70'S 81-LJ RAILROAD JACKET

世界3大ジーンズブランドとして名を馳せている『LEE』。
70年代のこちらはLEEの大名詞アイテムでもあるカバーオール『91-J』のブランケットモデルである『81-LJ』。


IMGP3845.jpg

フロント右ポケットには『レジスターマーク』、『TMマーク』共に入ったピスネーム。
デニムは60年代終わり頃から普及しだした色落ち防止仕様のバットダイデニムを使用。


IMGP3856.jpg

ボタンはワークアイテム好きには嬉しい首振り。
50年代以前は幅広いワークアイテムに使用されていたこの首振りボタンですが、生産効率の悪さから徐々に廃止になっていった仕様で、この『81-LJ』は年代で使用している数少ないアイテムの一つですね。


IMGP3848.jpg

Leeは60年代終わりから使用されている、『R』・『TM』・『MADE IN U.S.A』表記のみのプリント物。
ブランケットはストライプと年代が読み取れるディテール満載です。
デニムジャケットではある物の、そこは流石のブランケット仕様。
今の時期でもネルシャツにマフラーで十分に暖かいです。




最後はこちら☟☟
IMGP3825.jpg

●UNKNOWN 50'S-60'S SALMON PATTERN COWICHAN SWEATER

最後を飾るに相応しい一品ではないでしょうか?
歴史背景やその土地の名物等が柄として使用されるカウチンセーター。
こちらはカナダの名物でもある『サーモン柄』の一着。


IMGP3827.jpg

サイズが極端な物が多い中、こちらはいい具合にゆったり着れるニットとしては一番狙いたいところではと思われるサイズ感です。
様々な柄がある中でも人気なサーモン柄。
柄もさることながら、方向を変えることによってアクセントを加えた編み方や、やはり個人的にはこの年代で作られた鮮やかなカラーヴァージンウールに注目してしまいます。


IMGP3839.jpg

袖には控えめではありますが金魚が鎮座しております。
この柄が人気な理由としてはインパクトがあるということと、このサーモン柄の物に至っては見つかる物がカラーウールの物ばかりなことからではと思われます。


IMGP3834.jpg

ジッパーは『FLASH』ジップと60年代のカウチンセーターでたまに見かける物を搭載。
個人的解釈なんですが、形からして『CROWN』ジップと同じ工場で作られていた物ではと思われますが、詳細は不明です。
首元には通常付いていないボタンがカスタマイズされております。
ベークライトボタンが付いていることからして、当時の使用していた方が首元をさらに狭める為に付けた物と思われます。
時代背景に加え、当時使用していた人物像が見える嬉しい一着。



いかがだったでしょうか?
いつもの決め文句ではありますが、実物ホンマにカッコいいんで是非一度見に来て頂きたいです。

今日はクリスマスということもあり外出されている方が多いとは思いますが、何か物足りないなと思った帰りにでも遊びにきて頂ければ嬉しい限りです。
ちなみにポイント2倍も昨日に引き続き本日までですが、行っておりますので「欲しい物がある!!!」という方は今がチャンスだと思います。
クリスマスの締めくくりは是非フーリエで。



〈山〉
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。